ニキビ治療で美しく

レーザー治療の回数

色素が薄いニキビが炎症を起こすと、跡が残るケースがあります。

ニキビ跡の中でも色素沈着タイプのものは、美容皮膚科などで受けられるニキビレーザー治療で改善が可能で、
そもそも、なぜニキビから色素沈着タイプの、ニキビ跡ができるのでしょう。ニキビに刺激が加わったり、紫外線を浴びてしまうと大量の、メラニン色素が作られます。

トラブルの敵

通常、メラニン色素は垢として排出されますが、そのまま排出されず残ってしまうと、色素沈着を起こすのです。

レーザー治療はメラニン色素を破壊する、特殊なレーザーを肌に照射するという特徴があります。

破壊されたメラニン色素は、徐々に皮膚表面に浮かび上がり、やがて排出されるのです。

何回ほどの施術で効果が実感できるか、気になる方も多いでしょう。

保険は大切

レーザーでのニキビ跡治療の場合、色素が薄い場合は1回で、濃い場合でも5回程施術を受ければ、改善されると言われています。

下手に触って、きつい跡にならないうちに、気になる方は早めの治療がおすすめです。
また治療方法によっては、保険が効くこともあります。
まずは担当の医師に相談してみてはいかがでしょうか?