こども食堂応援Wi-Fiとは?

こども食堂応援Wi-Fiとは?

WiMAXは、2022年2月時点での契約者数は3,250万人を超える人気のWiFiサービスで
WiMAX2+と呼ぶ高速通信回線を低料金で大容量で利用できるなどからも人気を集めています。

日本の主要携帯電話会社のキャリアが利用している、4G LTE回線と並ぶ
無線インターネット回線の一つで、4GLTEなどを含めた複数存在している
無線インターネット回線の中の一つがWiMAXです。

繋がりやすいネットサービス

子ども食堂は、子供が一人でも安心して訪れることができる
無料もしくは定額料金の食堂で2012年に大田区で誕生し、
2020年には全国5千か所にまで拡大しているといいます。

経済的貧困としての役割を担うと同時にやる気の低下や諦めの広がり、
人間関係の不振など心の貧困対策の形で地域とのつながりを作る目的で
多世代交流拠点の役割を担っている施設です。

さらに、高齢化や人口減少などのような不可逆的な要素を持つエリアでは
「賑わい」を取り戻すためのツールになりつつあるなど、大阪府枚方市との
取り組みを契機にしてこども食堂の社会的な意義を理解すると同時に
著面している課題を認識しながらワイヤレスゲートが貢献できることを考え
新ブランドが作り出されたといった経緯があります。

食堂を支援する社会貢献型の通信サービス

こども食堂応援Wi-Fiは、ワイヤレスゲートが提供を行っている
ワイヤレスゲートWiMAX+5Gの新ブランドになるもので、
契約者から預かった寄付金をむすびえを通じてこども食堂に
支援を行っている社会貢献型の通信サービスになります。

支援

WiMAX+5Gの契約者から預かったお金の寄付金先は、大阪市牧方市にある
こども食堂から開始されて、順次全国展開を行うといわれています。

寄付金額は、1契約当たり毎月500円で寄付先は認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ、お金の利用使途はこども食堂を通じた食材配送や弁当の宅配などに使用されるようです。

WiMAX+5Gは、工事不要で直ぐにインターネットへの接続ができる、
一部エリアでの提供になりますが最大速度は下り2.7Gbps・上り183Mbps、
無線lAN規格はWiFi6で5GHz帯/最大2,402Mbps、最大同時接続台数は
5GHzおよび2.4GHzでそれぞれ20台などの特徴があります。

通信速度からも分かりますが、高速通信でしかも大容量、
低遅延など動画などの視聴をするときなどストレスフリーで楽しめるのは魅力的で、
このような理由からも注目を集めている通信サービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)