デザリング機能は車内テレワークに不十分なわけ

デザリング機能は車内テレワークに不十分なわけ

インターネットは43億人という驚異的なアクティブユーザー数を記録するまでに成長しました。パソコンやスマートフォンだけでなく、あらゆる端末がインターネットに対応し、カフェなどの多くの施設では無料でWiFiにアクセスできます。それでも車で使えるネット環境を整備するにはどうしたらいいか、という議論が後を絶ちません。

デザリング機能について

車内でWiFiを設定する方法として、スマートフォンの
デザリング機能があります。その人気の最大の理由は、無料であることです。ポケットから取り出し設定をオンにするか、この機能を有効にするアプリの一つを使用するだけです。このオプションは最も汎用性の高いものでもありますが、致命的な欠陥があります。端末が定期的にポータブルホットスポットモデムとして機能するように設計されていないということです。

つまり4Gや5Gをサポートする端末であっても、それに接続するデバイスは接続速度が遅くなる可能性があるということです。そのため非常事態を救うことはできても、並外れた性能や信頼性を期待するべきではありません。接続の質が低下するだけでなく、
端末自体が熱くなったり電池の消耗が非常に早くなったりするリスクが増大します。

モバイルWi-Fiルーターで安定した接続が実現

車内テレワークWi-Fi

サイズの大きなデータをやり取りするならば、モバイルルーターの方が適しています。モバイルWi-Fiルーターはスマートフォンと同じように4Gや5Gの回線に接続しますが、接続を共有するために特別に設計されているため、スマートフォンよりも優れた選択肢といえます。

まずモバイルルーターは、携帯電話よりもはるかに優れたWiFi接続を処理することができます。最近のモデルは最大10台の端末と接続を維持できる性能を持ったモバイルWi-Fiルーターが登場しており、車載用モバイルルーターとしては十分すぎるほどです。

ハブとなる端末にBluetoothで通信すれば、車内テレワークには贅沢すぎる環境が完成します。またBluetoothで直接つながるモバイルルーターもあります。

そしてデータプランが充実し、低コストでネット環境を車内に持ち込むことができます。ただしモバイルWi-Fiルーター中には、国内外の通信事業者からお得なキャンペーンが提供されているものもあり購入の際には注意が必要です。

他にもVPNやeSIMのサポートなどの機能の選択を持っているものもあります。利用経験がない人でも簡単に設定できることが魅力です。VPNによってインターネット接続による犯罪被害のリスクを低減できます。