ワイマックスの進化について

ワイマックスの進化について

2009年にスタートしたモバイル通信規格のワイマックスは現在でも進化してきています。
この規格を策定しているのは、IEEEと民間団体であるWiMAX Forumです。

数多くの人々がWiFiバンドを利用する用になり、ソフトウェアの新展開も
行われるようになり、利用できるサービスについても、動画なども含む
複雑なものとなってきました。

そのようなことから、ワイマックスではより高周波帯域の利用を取り込んだ進化が進んでいます。

これまでワイマックスでは、当初の規格のものから時代に合わせて
次々と新たなものが作り出されてきました。

現在のワイマックスのバージョンは3番目の物となりますが、
周波数帯についても、高度なことを行う事を可能にするために
より高周波のバンドが利用されるようになってきました。

高度なネット通信

少し前から現在まで利用されているバンドとしては、3Gおよび
後継である4Gがありますが、最近になってより高い周波数バンドとして
より5Gが利用されるようになってきています。

ワイマックスでは、このようなより高い周波帯の利用により、
高速でより多彩な機能の実現が可能としてきました。

また、このようなハードウェアの進歩のもとに、新たなソフトウェア技術も進化してきています。
ハードウェアとソフトウェアの進化が相まって、新たなインターネット時代が繰り広げられます。

WiMAX3の開始時期について

ここまで述べてきたようにワイマックスはより高い周波数の利用することで、
以前より高速で高度な作業が行えるような環境を提供してきました。

技術の革新

環境の変化からこの規格自体も、いくつかの増進がなされてきています。
当初から2番目として従来利用されていたWiMAX2+という規格では、
周波数帯としては4Gバンドが利用されてきました。

現在一般に使われているワイマックスの規格というのはこのWiMAX2+の事です。

現在では、より高度な企画であるWiMAX3が準備されていますが、
3番目となるこの規格においては、最近利用可能となってきた
5Gの利用が行われることになっています。

加えてWiMAX3の規格では、4Gの一部の利用というのも継続されます。
このようにWiMAX2+に比べより広帯域の利用により、さらに高速で
高度な情報通信が可能となってきます。

現在この新規格の準備が行われていますが、先ほど述べた周波数への転換を含め
2022年の秋から一部についての利用を行うということになっています。

本格的利用についてはもう少し時間がかかると思われますが、
バーチャルリアリティなどを含めた新たなソフトウェア技術を含め、
様々な新たな世界が展開されることになります。