ワイマックスを契約するときの基本とは

ワイマックスを契約するときの基本とは

ネットのプロバイダーをどこにするか悩んでいる人も多いはずです。できるだけ回線のスピードが速く、料金が安いところで契約したいでしょう。このように、両方両立させるのは難しいですが、最近はたくさんの会社がプロバイダーを提供しているため価格競争が起こっているのも事実です。

その結果、それなりの回線スピードでありながら料金を安くすることができるケースも少なくありません。具体的な商品を見ていくと、ワイマックスがこれに該当します。

価格競争

ワイマックスは、1番安いプランでも月々3980円と非常に安いのが特徴です。ワイマックスを契約した場合、
キャッシュバックがあるのも特徴と言えるでしょう。

それらを利用すれば、数カ月分は実質無料で利用できるのと同じになり端末自体は非常にお手頃価格と言えるかもしれません。

ただし、いくつか注意をしておかなければいけないことがあります。そのうちの1つは違約金が発生するケースがあることです。これはいつでも発生するわけではなく、あらかじめ契約を解除できる期限が決められており更新月と呼ばれる時期以外に解約をすると違約金が発生してしまう決まりとなっています。この点をよく理解した上で、事前に契約をすることが必要になります。

ワイマックスの途中解約をする場合の注意点

ワイマックスでは、途中で解約をする場合には違約金が発生するのは間違いありません。いわゆる更新月と呼ばれるものがあり、2年契約になっているわけです。その契約をしてから2年目がちょうど、更新月となるでしょう。

例えば、2022年の1月に契約をした場合、その2年後である2024年の1月が更新月です。その期間に解約をするならば特に問題はありませんが、それ以外の期間に契約を止めてしまうと余分にお金を支払わなければいけません。

中途解約方法を聞こう

気になる金額に関して見ていくと、約20,000円ほどのお金がかかる仕組みが採用されています。そのため、このお金を支払いたくなければ最低でも2年間は使い続けなければいけません。1年以上利用した場合は、次に4年目まで使い続けることが必要になるわけです。

実際によくあるケースとしては、いつまで契約期間なのかを忘れてしまい、うっかり期間が過ぎてしまう事が考えられます。これを避けるためには、カレンダーなどに記入しておくと良いかもしれません。

もし更新する月がわからない場合には、マイページ等を見て確認をしておくことが必要です。それがわからなければ、カスタマーセンターに電話をして調べることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)