下りの速度は最低ラインをカバーする

下りの速度は最低ラインをカバーする

大人気RPGゲームのファイナルファンタジーXIVは、2010年に発表された
コンテンツです。

パソコンと据え置き型端末の両方で用意をされているのが特徴で、
どちらでもネット回線に接続をして遊ぶオンラインゲームです。

ファイナルファンタジーXIV

これからファイナルファンタジーXIVで遊びたいという方も多いでしょうが、その際は自宅内のネット回線速度を確認する必要があります。

このタイトルの場合、高速処理を必要としているのが特徴で、下りの速度は最低でも30Mbps〜50Mbpsを実現していないと快適にプレイをする事が出来ません。

ADSLで現在インターネットをなされているようで
あれば、新たにWiMAXの通信を行えるモバイルルータを契約するのが望ましいです。

尚、下りというのはゲームクライアントサーバーがら情報を受信する時の速さを示す
言葉です。このスピードが遅いと他のプレイヤーと一緒に遊んでいる時に時間差が
生れてしまします。

それを回避する為にも40Mbps程度の環境を整えないといけません。既存の回線を使うよりも専用のWiMAXを備えて挑戦をするのが素早く対応が出来る方法です。最新の機器であれば最低ラインをカバーする事が可能です。

WiMAXは高速処理を実現できる新規格

高速モバイルルーターについて

WiMAXは基本的には、モバイルルーターで採用を成されている規格です。

2009年に登場した新規格で、Apex Legendsの上りは最高値で50Mbps〜70Mbpsを実現させる事が出来ます。

このWiMAXが登場するまでは4G回線を使用したモバイル通信であった為、最高速度は10Mbpsまでが限界でした。インターネットに接続をしてもwebページを閲覧するだけに特化をしており、ストリーミングの動画だと2時間の容量で1秒間に1コマ程度しか読み込むことが出来ませんでした。

ところがWiMAXの場合はモバイルであってもADSL回線以上の上り・下りの速度を維持出来ます。Apex Legendsの50Mbps〜70Mbpsというのは、具体的には光回線網と比べると一世代前の数値と同等です。

現在は10Gbpsをマークするようになっていて、2時間の映画であれば約4分で読み込めます。

2010年まで主流であった回線網と同じで、既存のオンラインゲームを行うには十分対応が出来る環境を用意出来ます。WiMAXは高速処理を実現出来る規格で、使用エリア範囲も広く網羅をされているものです。上り・下り共に安定した通信を維持する事も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)