改正電気通信事業法で料金プランはどう変わるのか

改正電気通信事業法で料金プランはどう変わるのか

改正電気通信事業法に基づいて、契約期間の上限や違約金の上限が変わりました。
行き過ぎた期間拘束の是正によって改正電気通信事業法が改正されました。
その他に端末割引の上限や敵契約の有無による料金差の上限も変化しました。

エリアモード回線

契約期間の上限は違約金の定めがない場合を除いて2年になり、定期契約違約金の上限は1000円に変更されました。定期契約をしている場合としていない場合の料金差の上限は月に170円までとなっています。端末割引の上限は20000円に変更されました。

WiMAXの料金プランでは、自動更新が2年の場合は
月額3880円で利用することが出来ます。旧プランは4380円だったので料金が下がっています。WiMAXの契約を解除したい場合にかかる金額は1050円となっています。

その他にも自動更新がないプランや期間条件なしというプランもあります。
新料金プランのメリットとして、契約期間や期間条件を選ぶことができます。

違約金も安くなっているため、旧WiMAXからの乗り換えがお得になることが分かります。また、「UQFlatツープラス」と「UQFlatツープラスギガ放題」の2つのプランは、9月30日で新規受付が終了してしまうので注意が必要です。

新料金プランのメリットとデメリット

新料金プラン

今までのWiMAXのプランは更新する月に解約しない場合は、自動的に更新されるシステムとなっていました。新しいプランでは「自動更新なし」というプランを選ぶことで契約が更新されることはありません。

その他に、契約期間の途中で解約すると違約金が発生していましたが、「期間条件なし」を選ぶとすぐに解約したとしても違約金を支払う必要が無くなりました。

さらに、違約金が安くなったので更新月も範囲が広くなっています。旧WiMAXのサービスは2020年3月31日で提供が終了し、新プランへの移行キャンペーンが実施されています。

デメリットとして、月に7GB使用できる「フラットツープラスプラン」が終了し、ギガ放題プランだけになることがあげられます。ギガ放題プランよりフラットツープラスプランの方が安い金額で利用することが出来ましたが、新しいプランでは受け付けていません。

また、2年契約の場合は、ハイスピードプラスエリアモードが有料になります。旧プランでは無料だったので、注意する必要があります。その他にも「2年自動更新あり」以外を選ぶと、月額料金が上がることがあります。
しっかりとWiMAXの新プランの情報を取り入れて注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)