本当に圧倒的な速度が出るのか?

本当に圧倒的な速度が出るのか?

5GのWiMAXの通信速度がどれくらいか気になっている人は多いでしょう。
4Gの約100倍という話がよく出ているので、圧倒的なスピードを体験できると思っているかしれません。

たしかに格段に速くなることは間違いありませんが、5Gになったからといって
即座にそのレベルに達するわけではありません。
実際にはいろいろな弊害があって、ステップを踏みながら
上昇させていくことになるからです。

通信事業者はさまざまな事情を考慮しながら、徐々に設備を補強して速度を上げていきます。

そこでポイントになるのが基地局から出ている回線の大きさです。
この品質が影響するのため、まずは10Gbpsから始めるスケジュールとなっています。

モバイルルーター

100Gbpsに到達するまでに数年はかかるのが大方の見方です。
すでに他社からは5G対応のルーターが発売されていますが、
そちらも100倍とはいえない速度しか出ていません。

ですから、WiMAXも同様に段階的に速くなっていくのは間違いないでしょう。

まだ進化の過程にあると捉えておくのが妥当です。
とはいえ、上りに関しては最大で480Mbpsも出ているので、
WiMAXは実用レベルに十分達していると判断できます。

どのような技術が使われているのか?

ワイマックスを選ぶかどうか検討しているなら、先を見据えた判断材料が必要になります。
具体的には、5G主力技術の良し悪しについて確認しなければなりません。

Massive MIMOというアンテナを使っていることが大きな特徴です。
この種類はすでにワイマックスの基地局に搭載されており、
高いポテンシャルを見せつけています。

普通のアンテナと大きく異なるので、内側の素子の働きによって
電波帯域が分配されることです。ユーザーごとに専用のものが
割り当てられるため、安定性の面で格段に進歩することになります。

まるで自分専用の高速道路が作られるような変化が訪れるということです。
そのため、従来のワイマックスよりも遅延がずっと少なくなるでしょう。
常に高速な通院環境が維持されて、圧倒的に高画質なムービーなども
フルサイズで鑑賞が可能です。

有線の光回線でないと難しかったオンラインゲームなども
ストレスなく楽しめるようになります。

ただし、一気に日本全国で使えるようになるわけではありません。
東名阪のエリアから順次拡大していくことが予定されています。
また、この規格に対応している端末が必要になることも覚えておきましょう。

必要な端末