WiMAXは商品名ではない

WiMAXは商品名ではない

WiMAXとは商品名と勘違いしている人も少なくありませんが、実は世界標準の無線通信方法の規格の一つです。

通常の物とモバイルと存在しており、モバイルの場合はWiMAXの技術に移動するときのことを想定したハンドオーバーという仕様を
追加した規格となっています。

世界標準の無線通信方法

ハンドオーバーとは接続する基地局を切り替える機能のことで、
これがないと外出先で適している電波を送受信できません。

日本の一部ではこの機能を生かしたサービスを提供しているため、商品名と勘違いしている人が少なくないといいます。基本的にWiMAXは回線を工事しなくても屋内外でインターネット通信を
スムーズに行えるようにしているための物であり、かつては別の
規格が母体となっていましたが、現在ではIEEE802.16が母体となっています。

異なる機器同士の相互に接続して送受信をスムーズにすることができるようにIEEE802.16委員会とWiMAXフォーラムで標準化を進めているため、近い将来よりいっそう利便性の高い通信が可能となるといわれているのもポイントです。適切に仕組みを知っておくことで、納得できる形で利用することができるのも特徴といえます。

他の通信機器とは電波が違う

元々WiMAXは非常に長い名前の略称となっており、日本語で言えばマイクロ波を利用して無線通信を行うためのシステムとなっています。

誕生するまでに至る目的の一つに、利用者宅と基地局の間の長期間固定で無線通信を行うためのアイテムとして開発されたといいます。しかし、固定無線通信はFWAといい、現在でも存在しているため全く別物の物です。

異なる機器同士でデータ送受信

異なる機器同士でデータ送受信を
スムーズに行うための接続性を実現するために、日々努力を続けている人が大勢います。基本的に携帯電話の電波とは全く違う電波を使って利用しているため、他の無線通信方法よりもコストを抑えているだけではなく、他の通信よりもスピーディーなのもポイントといえます。

なお、モバイルの場合、携帯電話の電波などに関しても理解しておくことが重要です。モバイルワイマックスの場合は2.5Gといった通信速度となっているため、電波が通常の携帯電話とは違う周波数であることがわかります。

中には過去の通信事業に詳しく、すでに廃止されている物といったイメージもありますが、WiMAXによって現在でも現役であるというのもポイントといえます。適切に利用するためには、まずは情報収集を行って納得できる形で利用できるようにすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)